ツムラの漢方番号で悩み症状検索

もっと漢方の知識を吸収したいという人向けのサイトを目指していきます

麻黄湯 (ツムラ漢方番号:27番)

麻黄湯

症状 / 生薬 / 市販薬 / ショップ

カゼのひき始めで、悪寒のするときに用いる漢方薬です。

麻黄湯(マオウトウ)という方剤です。発汗作用があり、体の熱や腫れ、あるいは痛みを発散して治します。病気の初期で、まだ体力が十分ある人に適します。

麻黄湯が処方される症状

麻黄湯に含まれる生薬

  • 甘草 (カンゾウ)

麻黄湯の市販薬について

ツムラ漢方麻黄湯エキス顆粒は、漢方処方である麻黄湯から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。

麻黄湯が購入できるネットショップ

人気記事

漢方で人気の記事を紹介します。

喉の痛みに効くツムラの漢方

喉の痛みに効くツムラの漢方

喉の痛み は風邪を引いた時に多く見受けられる症状ですが、喉の痛みと同時に以下の症状があると 別の病気 を疑う必要もあるので、安易に漢方で対策するだけでは不十分かもしれません。というのも、 東洋医学 が...

病気

>>記事を見る

人工蕁麻疹(機械的蕁麻疹)の治療に有効な漢方薬と症状

人工蕁麻疹(機械的蕁麻疹)の治療に有効な漢方薬と症状

温熱性蕁麻疹の治療過程で遭遇した「人工蕁麻疹」ですが、呼び方には数種類あって「機械的蕁麻疹」と呼ばれることも多いようです。 なお Google で検索してみたところ、「機械的蕁麻疹」だと約 33 万件、「人...

温熱性蕁麻疹

>>記事を見る

温熱性蕁麻疹の診断結果と症状発生までの経緯

温熱性蕁麻疹の診断結果と症状発生までの経緯

一見、蕁麻疹と聞くとアレルギーを連想する方が多いと思います。 その通り、体の内側にある毒素を排出しようとしている反応が蕁麻疹なのですが、その種類は多く、反応が出る場所や頻度、状況は様々で、多くの...

温熱性蕁麻疹

>>記事を見る

ペリオバスターはAmazonや楽天で購入ができる

ペリオバスターはAmazonや楽天で購入ができる

保険対象の歯科金属 の有害性について前から興味があり、その分野に力を入れている歯医者で検診とクリーニングをしてきました。 その時、紹介されたのが液体ハミガキの ペリオバスター です。 値段が 200...

豆知識

>>記事を見る

漢方は保険適用されるの?

漢方は保険適用されるの?

漢方薬は病院で医者に処方されると 保険適用 となり、それぞれの健康保険によって負担額が変わる。例えば 国民健康保険 の場合は 3 割負担など。

豆知識

>>記事を見る

新着情報

漢方の症状別の悩みや新着情報。

自律神経の乱れを整える10個のアドバイス

水分代謝をよくすれば蕁麻疹が治る

水分代謝をよくすれば蕁麻疹が治る

相変わらず、温熱性の蕁麻疹の治療をしていますが、前回処方されたデザレックスが全く効果なかったので、またビラノアに戻してもらいました。 これで、一旦、痒みの頻度は減ってくれると思いますが、睡眠時間...

病気 / 温熱性蕁麻疹 / ビラノア / デザレックス

>>記事を見る

温熱性蕁麻疹に新薬のデザレックスは合うのか

温熱性蕁麻疹に新薬のデザレックスは合うのか

1 日 1 錠 のビラノアの処方で、温熱性蕁麻疹の症状もほぼほぼ治まってくれていましたが、梅雨に入ってから少し症状が再発するようになりました。 まあ、根治ではなく抑制の薬なので、薬を止めたり、薬の効果...

免疫力・疲労 / 温熱性蕁麻疹 / デザレックス

>>記事を見る

温熱性蕁麻疹や機械的蕁麻疹と腸内環境の関係

温熱性蕁麻疹や機械的蕁麻疹と腸内環境の関係

珍しく土曜日が祝日と被り、サラリーマンの人は 1 日損したと思っている人も少なからずいると思いますが、土曜日が祝日だと病院が休みだということに直前で気付きました。 温熱性蕁麻疹のために、ビラノアを...

温熱性蕁麻疹 / ビラノア / 腸内環境

>>記事を見る

酢生姜で体温を上げて代謝と免疫力をアップ

酢生姜で体温を上げて代謝と免疫力をアップ

生姜で体温を上げるという本を買ったままカバンに入れて 1 ヶ月が過ぎようとしています。そんな中、テレビで「酢生姜」で体温を上げて代謝をアップさせる企画を見ました。 ダイエット企画のテレビ番組にはま...

豆知識 / 酢生姜

>>記事を見る

サイトで紹介している情報について

このサイトでは、漢方についてもう少し詳しく知ってみたいと思う人に情報発信しています。自分なりに経験談や漢方の書籍から勉強したことを書いているつもりですが、情報の不備や誤解を招くような記載がある場合は、「お問い合わせ」からご指摘くださいませ。

これまでの勉強で役に立った漢方書籍は「すぐ探せる!漢方エキス剤処方ハンドブック(森由雄)」「実用東洋医学(根本幸夫)」です。

Copyright(c) 2017 ツムラの漢方番号で悩み症状検索 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com